フルムの寝心地は?気になる口コミと評判は?【ニトリのマットレス】

ニトリオリジナルのマットレスで、ノンコイルの低反発マットレス


フルムとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスで、ノンコイルの低反発マットレスとなっています。
フルムの特徴として、表面生地はマットレスの上下で別々の生地となっています。


生地は、片面が冷感タイプとなっており、もう一方の片面が温度調整タイプとなっています。


上面の「接触冷感タイプ生地」によって、夏は涼しく使用することができ、下面の「温度調整タイプのニット生地」によって冬は暖かく快適に使用することができます。
この2種類の生地は、マットレスの表面カバーを外して、上下の面を付け替えて使用できるのですが、この表面カバーはファスナーで外すことが可能で、洗濯が容易であるため、衛生的に使用することができます。


また、フルムの詰め物には、低反発ウレタン40mm、穴あきウレタン150㎜が採用されています。
この上面の身体のラインにフィットし、安定した寝心地を実感することができるため、横向き寝が多い方にもおすすめできます。


さらに、フルムは購入後、ロール状に圧縮されたパッケージで届けられるため、省スペースとなります。
これにより、玄関先でのマットレスの受け取りも容易となり、また、袋からマットレスを出せば、放置した状態で、約1日で元通りに復元します。

フルムは、シングル、セミダブル、ダブルの3つのサイズから選ぶことができます。


フルムの価格は、シングルサイズで19,900円(税込)となっており、マットレスとしては安価な価格となっています。
ニトリのマットレスの特徴は、なんといってもこの価格の安さであり、さらに、その種類の豊富さも特徴の1つです。


ニトリのマットレスでは、その弾力を硬い・普通・柔らかいから選択出来たり、また、マットレス内部の構造でも、ポケットコイル、高機能コイル、ボンネルコイル、ノンコイルといったものから選ぶことができます。
フルムは、この中のノンコイルマットレスに分類され、同じようにウレタンが使用されている他の有名なベッドメーカーのマットレス等と比較しても、価格は安くなっています。


しかし、価格が安い分、耐久性に関しては有名なベッドメーカーのマットレス等と比較すると劣る部分があるようです。
また、機能面に関しても、有名なベッドメーカーのマットレス等と比べてしまうと劣る部分があるようですので、腰痛を治したいと思っている方、ワンランク上の質の高い眠りを追求したいという方には、フルムはあまりおすすめできません。

とにかくコストパフォーマンスが良いマットレスを選びたいという方にはおすすめ


ただ、前述の通り、低反発マットレスの中では価格は安く、さらに、表面生地の上下の違いによりほぼ1年中快適に使用できることから、学生や社会人になったばかりの方等の、とにかくコストパフォーマンスが良いマットレスを選びたいという方にはおすすめできるマットレスだと思います。


また、前述の通り、低反発ウレタンが身体のラインにフィットするため、横向き寝が好きという方にもおすすめできます。

さらに、ノンコイルのマットレスなので、コイル独特のゴツゴツとした感じやきしみ等がどうしても気になるという方は、一度試しに使用してみることをおすすめします。

ただ、マットレス自体は約19cmという比較的薄いタイプなので、身体の大きな方等は沈み込みに注意するようにし、一度、仰向けや横向き等で寝ることをきちんと試してみてから購入するようにしましょう。

高反発マットレスランキングぶっちぎり1位の「モットン」

関連記事

高反発マットレス

  1. ニトリオリジナルのマットレスで、ノンコイルの低反発マットレス フルムとは、ニトリで販売されてい…
  2. アビーCRとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 アビーCRは、安定感…
  3. マットレスのグローバルブランド、シーリーが手掛けるマットレス リバーブル6000Aは、ニトリで…
  4. ラティスとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 ラティスはノンコイルの…
  5. アネロッソPWを製造しているのはフランスベッドというメーカーです。 アネロッソPWは、ニトリで…
  6. ZEROとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 ZEROのマットレス内…
  7. Nスリムポケットとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 最大の特徴とし…
  8. 「包み込まれるような寝心地」を追求したマットレス 「Nスリープ」シリーズは、ニトリで2013年…
ページ上部へ戻る