リバーブル6000Aの寝心地は?気になる口コミと評判は?【ニトリのマットレス】

マットレスのグローバルブランド、シーリーが手掛けるマットレス


リバーブル6000Aは、ニトリで販売されているマットレスですが、製造しているのはベッド・マットレスのグローバルブランド、シーリーです。
シーリー社は、約130年前にアメリカのテキサス州シーリータウンで創業している歴史ある会社です。

シーリー社は、この業界で初めて整形外科医と連携を図ったことで独自の画期的な技術を次々に商品化していき、1989年には「ポスチャーテックコイル」を開発しました。
この「ポスチャーテックコイル」とは、コイルの反発力が身体の凹凸に合わせて変化するもので、アメリカで特許を取得しています。

加重に応じて反発力が変化するため、寝る方の体型や体重に関係なく、最適な寝姿勢を得ることができます。もちろん、この「ポスチャーテックコイル」はリバーブル6000Aにも採用されています。

快眠テクノロジーは今でも進化し続けている


シーリー社は「ポスチャーテックコイル」の技術をベースにして、、「タイタニウムコイル」や「センターサポート」などの新技術も開発しており、その快眠テクノロジーは今でも進化し続けているといえます。
そして、シーリー社は2011年の全米の売上高が11億2900万ドルに達し、現在では世界30ヵ国で愛されるグローバルブランドに成長。


今では、厳しい目を持つ世界屈指の一流ホテルのベッドにもシーリー社のベッドが選ばれており、つねに最先端の心地よい眠りを追及しています。


そんなシーリー社が製造した、リバーブル6000Aの最大の特徴は三次元素材の採用です。


リバーブル6000Aのマットレス本体の上にはトッパーが載せられており、これによって底付き感が無くなり、安定した睡眠姿勢を保つことができます。
このトッパー内に「エアロレイヤー」という三次元立体構造の詰め物を採用。高反発で寝返りがしやすく、優れた体圧分散性を発揮し、耐久性が高く、長時間使用していてもマットレスがヘタリません。

また、「エアロレイヤー」の繊維の隙間を空気が流れる構造となっていることから、抜群の通気性を誇り、とても快適な寝心地となっています。

また、トッパーの表面生地には「バンブーユニット」を採用しており、バンブーダブルニットによる滑らかな手触りを実感することができます。


そして「バンブー」の名の通り、吸湿性がある竹繊維の糸を表面生地に使用していることから、抗菌効果に優れています。
そして、このトッパーはたった4ヶ所のバックルで取り付けられているため、簡単に外すことができ、お手入れも手軽に行えるようになっています。


この4ヶ所のバックル構造は現在、国際特許出願中であるようです。

さらに、このトッパーは裏表で硬さがソフトとハードで変わるため、裏返しにすることで寝心地を変化させることが可能です。


その他、このトッパーは「スタンダード」、「ジェルラテックス」というトッパーを選ぶこともできます。


「スタンダード」は30㎜のプロファイルウレタンを採用しており、腰部においてはセンターサポートで補強しています。
「ジェルラテックス」は、弾力性・通気性・抗菌効果に優れており、優しくフィットする寝心地が実感でき、さらに外部からの熱を吸収分散させるジェルの温度調節機能が付いています。


このような仕様から、リバーブル6000Aは普通のマットレスでは物足りない方、その時の気分によって寝心地を変化させたい方、マットレスのお手入れを簡単に行いたい方等におすすめできるマットレスだと思います。

高反発マットレスランキングぶっちぎり1位の「モットン」

関連記事

高反発マットレス

  1. ニトリオリジナルのマットレスで、ノンコイルの低反発マットレス フルムとは、ニトリで販売されてい…
  2. アビーCRとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 アビーCRは、安定感…
  3. マットレスのグローバルブランド、シーリーが手掛けるマットレス リバーブル6000Aは、ニトリで…
  4. ラティスとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 ラティスはノンコイルの…
  5. アネロッソPWを製造しているのはフランスベッドというメーカーです。 アネロッソPWは、ニトリで…
  6. ZEROとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 ZEROのマットレス内…
  7. Nスリムポケットとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 最大の特徴とし…
  8. 「包み込まれるような寝心地」を追求したマットレス 「Nスリープ」シリーズは、ニトリで2013年…
ページ上部へ戻る