ZEROの寝心地は?気になる口コミと評判は?【ニトリのマットレス】

ZEROとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。


ZEROのマットレス内部のコイルは、ポケットコイルスプリングが採用されており、身体の凹凸を点で支えるため、フィット感が向上しています。

ポケットコイルスプリングとは、ひとつひとつが布の袋に入って独立しているスプリングです。
このような構造のため、点で身体の荷重を支え、優れた体圧分散力を発揮し、睡眠時に身体の特定の場所に圧力がかからないようにすることができます。

ポケットコイルスプリングで寝心地アップ


ボンネルコイルタイプのマットレスは全体的に硬めであり、安定感がありますが、面で身体を支える構造のため、腰の部分が沈み込んでしまいます。
ポケットコイルスプリングでは、そのような沈み込みによる身体の負担を少なくし、心地よい眠りを実現することができます。


また、ポケットコイルスプリングでは、その独立した構造により、ボンネルコイルタイプのマットレスと比較して、横揺れが非常に少ないという特徴があります。

例えば、マットレスにペットボトルを立てた際、その横に人が立ってもペットボトルに伝わる揺れは少なく、立った状態をキープすることができるというくらい横揺れは少ないとのことです。
さらに、ポケットコイルスプリングは、ひとつひとつが袋に入って独立していることから、マットレス内部の通気性も良くなっています。


ZEROでは、このポケットコイルスプリングが採用されていますが、そのコイルの配列の外側2列は硬めのポケットコイルスプリングが配置されています。
これによって、マットレスの外側の部分が強化され、端の落ち込みを防いでくれます。また、コイルが横揺れしにくくなり、マットレスの端に腰掛けてもヘタリにくくなりました。

そのため、もしご年配の方がマットレスの端から立ち上がろうとしても、橋が落ち込むということがないため、身体に負担をかけることなくスムーズに立ち上がることができます。
さらに、マットレスの端から端まで全て使用できることから、マットレス全体の有効面積が、同様の広さの他のマットレスと比較して広くなっているため、身体の大きな方でも、ゆったりと睡眠を取ることができます。


そして、マットレスの端が落ち込まないということは、2つのマットレスを並べて使用した際に段差が出来にくくなりますので、大家族の方等で、2つのマットレスを並べて使用したいという方におすすめです。



その他、ZEROでは表面生地に伸縮性の高いニット生地を使用。


表面の詰め物には、綿10㎜、ソフトウレタンを20+25㎜使用しています。
さらに、ZEROは購入後、ロール状に圧縮されたパッケージで届けられるため、省スペースとなります。


これにより、玄関先でのマットレスの受け取りも容易となり、また、袋からマットレスを出せば、放置した状態で、約1日で元通りに復元します。ZEROは、シングル、セミダブルの2つのサイズから選ぶことができます。


ZEROの価格は、シングルサイズで14,900円(税込)となっており、マットレスとしては安価な価格となっています。
この価格でポケットコイルスプリングが2種類使用されているというのは、かなりコストパフォーマンスが良いのではないでしょうか。


ZEROは、ご高齢等でベッドから立ち上がることに苦労している方、ベッドを2つ並べて使用したい大家族や身体の大きな方等で、コストパフォーマンスに優れたマットレスを探しているという方におすすめしたいと思います。

高反発マットレスランキングぶっちぎり1位の「モットン」

関連記事

高反発マットレス

  1. ニトリオリジナルのマットレスで、ノンコイルの低反発マットレス フルムとは、ニトリで販売されてい…
  2. アビーCRとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 アビーCRは、安定感…
  3. マットレスのグローバルブランド、シーリーが手掛けるマットレス リバーブル6000Aは、ニトリで…
  4. ラティスとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 ラティスはノンコイルの…
  5. アネロッソPWを製造しているのはフランスベッドというメーカーです。 アネロッソPWは、ニトリで…
  6. ZEROとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 ZEROのマットレス内…
  7. Nスリムポケットとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 最大の特徴とし…
  8. 「包み込まれるような寝心地」を追求したマットレス 「Nスリープ」シリーズは、ニトリで2013年…
ページ上部へ戻る