高反発マットレスの競合商品。モットンとマニフレックスを比較してみた


世に出てからずっと人気の高反発マットレス。
最近では似た競合商品が数多く販売され、購入時に迷ってしまう方も多いようです。




特に競合商品であるモットンとマニフレックスで迷う方が多く、結果として購入を大いに遅らせてしまう方も・・・
どうせ購入するなら早く良い睡眠環境を得た方が良いですよね。


今回はそんな高反発マットレスの競合商品であるモットンとマニフレックスを比較してみました。


結論はモットンの完全勝利


そう、結論からいうとモットンの完全勝利です。
モットンが勝っているだろう項目は以下のとおり。

  • 寝返りをサポートする反発性能
  • 腰への負担低下で腰痛対策効果
  • 8万回のテストに耐える耐久性
  • ダニ対策効果
  • 超優良コスパ

これだけのポイントでモットンの完全勝利といえます。
逆にマニフレックスが勝っている?と思われるのが通気性です。


部屋の通気性が悪く、じめじめした環境で使うような方はマニフレックスが良いかもしれません。
(とはいっても、モットンが通気性が悪いわけではありません。上記のような場合は、湿気取りを別に購入し、モットンを使うのもアリですね。)


何といってもモットンの優良コスパが魅力


そう、モットンをイチオシしているのはモットンの優良コスパが魅力だからです。

Amazonや楽天で通販するのではなく、公式サイト経由で購入するとなんと2万円OFFなのです。この差は非常に大きいと言えます。

前述のとおりモットンの性能はいう事なし。
今現在高反発マットレスやエアー、エアリーなどと比べてバカ売れしているのも頷けますね。

浮いた2万円を娯楽に使うもよし、貯金するもよし、他の寝具に使うのもよし、この2万円の差って意外に大きいですよね。




高反発マットレスランキングぶっちぎり1位の「モットン」

関連記事

高反発マットレス

  1. ニトリオリジナルのマットレスで、ノンコイルの低反発マットレス フルムとは、ニトリで販売されてい…
  2. アビーCRとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 アビーCRは、安定感…
  3. マットレスのグローバルブランド、シーリーが手掛けるマットレス リバーブル6000Aは、ニトリで…
  4. ラティスとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 ラティスはノンコイルの…
  5. アネロッソPWを製造しているのはフランスベッドというメーカーです。 アネロッソPWは、ニトリで…
  6. ZEROとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 ZEROのマットレス内…
  7. Nスリムポケットとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 最大の特徴とし…
  8. 「包み込まれるような寝心地」を追求したマットレス 「Nスリープ」シリーズは、ニトリで2013年…
ページ上部へ戻る