群雄割拠の高反発マットレス業界で人気のモットンとは?


高反発マットレスの出現によって高反発という言葉が寝具業界でも定着しました。
もちろん高反発系のマットレスはマニフレックスやドルメオなど以前からありましたが知る人ぞ知る単語で、テンピュールを始めとする低反発のほうが広く知られていましたよね。



高反発マットレス【モットン】の詳細はコチラ

高反発マットレスの爆発的な人気により高反発が定着すると、でるわでるわの大賑わい。
今や高反発と低反発で悩むのではなく、高反発マットレス同士での比較ができるようになりました。

なかでも今高反発で人気急上昇中なのがモットンという商品。
高反発マットレスと同じ高反発系にカテゴライズされる敷き布団です。

人気のモットンの性能は?


モットンはとにかく腰痛だけに焦点をあてプロモーションをかけている敷き布団で、寝返りの打ちやすさを謳い、寝返りがしやすいことで腰痛を軽減するというのをしきりに訴えています。
素材はウレタンフォームで、140ニュートンという硬さが売りです。

さらに通気性や体圧分散性にも優れていると書かれています。

で、お値段はシングルサイズで39800円。
高反発マットレスよりもかなり安い設定です。
コスパを重視するなら正直モットンで決まりですね・・・シングルサイズで高反発マットレスよりも約25000円も安いのですから価格面では圧倒的にモットンが優勢です

そこで問題なのが「安かろう悪かろう」?という事ですよね。
そこは安心してください。前述のとおりモットンはしっかりと性能面でもかなり優れているのです。

通気性の良さ、高反発の性能、ヘタリにくさ、など高反発マットレスに引けを取らない性能の為、安心して購入できるます。




高反発マットレス【モットン】の詳細はコチラ

正直、モットンの方がお買い得&お勧め


そう、色々と比較研究しましたが、モットンの方がお買い得&お勧めなんです。
高反発マットレスより約25000円も安い設定でありながら、非常に高いレベルでの性能を誇っており、超優良コスパとしか言いようがないのです・・・
他にもマニフレックスやエアリー、AIR、ドルメオ等の高反発マットレスと比較してもあらゆる点で優っており、悩んでいるならモットンを買っておけば失敗することはないでしょう。


高反発マットレスランキングぶっちぎり1位の「モットン」

関連記事

高反発マットレス

  1. ニトリオリジナルのマットレスで、ノンコイルの低反発マットレス フルムとは、ニトリで販売されてい…
  2. アビーCRとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 アビーCRは、安定感…
  3. マットレスのグローバルブランド、シーリーが手掛けるマットレス リバーブル6000Aは、ニトリで…
  4. ラティスとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 ラティスはノンコイルの…
  5. アネロッソPWを製造しているのはフランスベッドというメーカーです。 アネロッソPWは、ニトリで…
  6. ZEROとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 ZEROのマットレス内…
  7. Nスリムポケットとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 最大の特徴とし…
  8. 「包み込まれるような寝心地」を追求したマットレス 「Nスリープ」シリーズは、ニトリで2013年…
ページ上部へ戻る