高反発マットレスのアマゾンでのレビューを見て

高反発マットレスはアマゾンでも販売されています。
アマゾンだから安いわけではないのですが、納品は抜群にはやいため何を購入するにもアマゾンを利用している人は少なくないと思います。

アマゾンでは商品対するレビュー機能があり、誰もが参考にすることができます。
いまやレビューこそが最も大切で、ぐるナビなどでステマが問題になるほど
強い影響力を持っています。

この記事を書いている現在アマゾンで高反発マットレスのカスタマーレビューは104件。
これはかなり多いほうだと思います。
そして気になる点数は5点満点中4.1点。
なかなかの高評価です。

アマゾンのレビューを見てみると、高い評価をしている人は腰痛がよくなった、起き上がりがしやすくなったなどの感想が多いのですが、これは高反発マットレスの特性を十分に理解しての感想です。

問題なのは低い評価をされている人に多い、耐久性に問題がある、腰の部分が2年くらいでへたるというもの。

レビューにあるくらいですから、もちろんうそではないのでしょう。
多少はお尻の部分がへこんでいるのかもしれません。

ただ、どのベッドを購入しても、1-2年でお尻の部分は変形します。
これはへたりとは少し違って、なじんできているという表現が正しいかもしれません。
しかも高額なマットレスを購入したときのほうが顕著に現れます。
それはクッション材が多いから起こることで、クッション材が身体にフィットするように変形していくのです。
靴が足の形になるように、寝具も身体になじもうと変形していくのは自然なことです。

ですから、多少高反発マットレスが変形したとしても、寝姿勢が変わっていないのなら問題ないと思われます。
寝姿勢が変わるほどの落ち込みがあれば別ですが、それは高反発マットレスが基準を決めているようなので確認してみてください。

あと気になるレビューが、腰痛がよくならなかったと低い評価をしている人。

他のレビューにもありましたが、そもそも高反発マットレスは医療器具ではありません。
つまり何か病気や症状を治したりするものではないのです。


安くない商品なので期待値が高いのは分かりますが、それはちょっと期待しすぎです。
確かに腰痛がよくなる人はいますが、それは寝具が原因での腰痛だった場合。
腰痛の原因は様々ですから、寝具を替えた程度で収まることはそもそも期待しないほうがよいのです。

レビューを参考にする際は、読み手のリテラシーも問われています。
正しい評価がされているかどうか注意深くみてみてください。

高反発マットレスランキングぶっちぎり1位の「モットン」

関連記事

高反発マットレス

  1. ニトリオリジナルのマットレスで、ノンコイルの低反発マットレス フルムとは、ニトリで販売されてい…
  2. アビーCRとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 アビーCRは、安定感…
  3. マットレスのグローバルブランド、シーリーが手掛けるマットレス リバーブル6000Aは、ニトリで…
  4. ラティスとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 ラティスはノンコイルの…
  5. アネロッソPWを製造しているのはフランスベッドというメーカーです。 アネロッソPWは、ニトリで…
  6. ZEROとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 ZEROのマットレス内…
  7. Nスリムポケットとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 最大の特徴とし…
  8. 「包み込まれるような寝心地」を追求したマットレス 「Nスリープ」シリーズは、ニトリで2013年…
ページ上部へ戻る