AIR マットの口コミと使ってみた評判。【西川・カズのおすすめ】

西川のAIR(エアー)って寝心地は良いの?高反発マットレスとの比較



今巷で人気沸騰中のマットレス、その名は「西川のAIR(エアー)」。
日本サッカー界のレジェンド・カズがオススメしているCMでお馴染みですね。

ネーミングといい、構造といい、キャッチコピーといい、
完全に高反発マットレスのパ〇リですが・・・・

高反発マットレスの購入検討者の中にはこの「西川のAIR(エアー)」を対抗馬にしているかたも多いのではないでしょうか。
今回はその「西川のAIR(エアー)」にフォーカスしていきたいと思います。


AIR(エアー)の一番の特徴は表面の多数の凹凸


AIR(エアー)の表面の多数の凹凸が効果的に体圧を分散する。
これがAIR(エアー)の一番の特徴です。

多数の凹凸睡眠中の圧迫による血行障害を緩和しながら、カラダへの負担を軽減します。


ほかのマットレスは点ではなく、面で支えることをウリにしていることがほとんどであり、身体を点で支えることを売りにしているマットレスは「西川のAIR(エアー)」だけといっていいでしょう。それだけ珍しい構造をしているのです。

とはいってもベース部が身体をしっかり受け止めてくれるので、理想的な寝姿勢をキープすることができるので寝返りもスムーズにでき、リラックスしながら睡眠できます。

点といってもその数が多く、結果としてしっかりと体圧を分散するのですね。


高反発マットレスよりも安いのは大きなメリット



また、価格が高反発マットレスよりも安価なことも魅力のひとつですね。
正直おおきなメリットです。

さらには硬さがベーシックとハードの2種類から選べるのも大きいです。
身体の大きな人や体重のある方はハードタイプなど、体格や体重で選べるのです。

高反発マットレスと比較してもなんら遜色ない機能なので、寝心地で選んでも問題ないでしょう。
それくらい優れたマットレスです。


複数枚購入を考えているならば、全部エアリーマットレスにすることで大幅に予算を削減できます。
そのような場合はエアリーにしてしまって、他の寝具である枕や布団にお金をかけるのもありですね。

高反発マットレスランキングぶっちぎり1位の「モットン」

関連記事

高反発マットレス

  1. ニトリオリジナルのマットレスで、ノンコイルの低反発マットレス フルムとは、ニトリで販売されてい…
  2. アビーCRとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 アビーCRは、安定感…
  3. マットレスのグローバルブランド、シーリーが手掛けるマットレス リバーブル6000Aは、ニトリで…
  4. ラティスとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 ラティスはノンコイルの…
  5. アネロッソPWを製造しているのはフランスベッドというメーカーです。 アネロッソPWは、ニトリで…
  6. ZEROとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 ZEROのマットレス内…
  7. Nスリムポケットとは、ニトリで販売されているニトリオリジナルのマットレスです。 最大の特徴とし…
  8. 「包み込まれるような寝心地」を追求したマットレス 「Nスリープ」シリーズは、ニトリで2013年…
ページ上部へ戻る